リアップで髪を増やす|副作用を事前に調べよう!

男の人

お店で買える発毛薬

薄毛

血行を良くして発毛を促す

いわゆる育毛剤にはドラッグストア等で購入できる医薬部外品と、医師の処方によって入手することのできる医薬品との2種類があります。ただし中には医薬品として正式に国の承認を受けながら一般に販売されているタイプもあります。それがリアップです。リアップは1999年に日本の製薬会社から発売された医薬品です。当初は男性用の発毛薬として販売されていましたが、その後2005年には女性用の製品も発売が開始されました。さらに2009年には有効成分の含有量を5倍にアップさせた製品も登場しました。リアップに含まれるミノキシジルという有効成分には血行促進作用があり、これによって毛母細胞などの発毛組織への栄養補給が促進され、発毛を促すとされています。

他の薬と併用で相乗効果も

リアップには発毛促進作用はありますが脱毛を抑制する作用はないため、フィナステリドと呼ばれる薬と併用すると相乗効果でより有効な薄毛対策になると言われています。フィナステリドには抜け毛の原因物質であるホルモンの働きを抑える作用があります。ただしこの薬は男性専用で、医師の処方が必要です。リアップにはこれまでのところ、重大な副作用は報告されていません。比較的多い副作用としては頭皮のかゆみがありますが、これは血行促進によって頭皮が充血することによるものと考えられています。その他の副作用としては頭痛・低血圧・性欲減退などが起こる可能性があるとメーカーから発表されていますが、用法・用量をきちんと守るよう注意していれば副作用に関して大きな懸念はないとされています。

Copyright© 2016 リアップで髪を増やす|副作用を事前に調べよう! All Rights Reserved.